評価の上がる読書感想文の書き方

皆さん、こんばんは。
論理的思考力とコミュニケーションスキルを身につけておけば、将来、食いっぱぐれることはございません
という理念で学習塾を経営しております。
暑い日が続いていると思いきや、台風12号が北上しており、週末に関東直撃か?などと言われております。こんな進路はあまり見たことがありません…。
体調管理が難しいかとは思いますが、受験生がいらっしゃるご家庭では、親子ともに健康に過ごしましょう。心身ともに(^-^)
さて、3年ぶりに「評価の上がる読書感想文の書き方」という講座を開きます。
読書感想文は読書したあとの感想文を書くものではありません。
と言うと「えっ!違うんですか?じゃあ何を書けば良いの?」ってなりますよね(^_^;)

当然、感想だけであれば「面白かったです」で終わってしまいませんか?なのに原稿用紙3枚って言われると1200文字ですから、何とか字数を稼がなければなりません(笑)。仕方がなくあらすじ書きに走ったり、読点をやたら多く打ったり…。気持ちはすごく良く分かります。そういう自分も小学生の頃は、ほとんどあらすじ書きで終わらせていました。最後だけ「だから面白かったです」で終わらせていました。学校の先生を批判する訳ではありませんが、「書き方」を教えてくれませんでした。「自由に書いていいんだよ」って言われても、どう書いて良いのか分からない以上、書きようがありません。「何でも良いんだよ」と言われれば言われるほど、訳が分からなくなりました(笑)。

同じことで悩み続ける小中学生が未だにいる…ということが謎です。40年間も何も変わっていないからです。教育の世界は何も変わっていない。せめて「何を書いて良いのかが分からない」というお子さまに伝えたいと思い、今回、久しぶりに開講することにいたしました。

「ふくしま式」の福嶋隆史先生が仰っている通り、「型」を教え込まなければ、文章は書けるようになりません。当然、読書感想文にも「書き方」というものがあります。きちんと「型」を伝えれば、あとは子ども達の個性が文章の中身にキラリと光るものです。そこを見逃さずにきちんとすくい取って、1日で書き上げる講座といたします。本は何でも構いませんが、事前に読んできてくださいね。

 

*1日という短期間(短時間)で書き上げることができます。
*読書感想文の「型」を教えるので、1回知っておくと、一生使えます。
*周りの人とは違う内容となりますので、注目を浴びてしまうかも?
*これでもう、読書感想文は怖くなくなります。

 

日時:8月18日(土) 13:30~18:30
場所:NEKTON北口 会議室
対象:小学5年生~高校生
定員:5名
申込方法:次のメールアドレス(shonanfelix@felix-fujisawa.net)に
【件名】読書感想文
【本文】学年・お名前・本のタイトル
を明記の上、送信してください。

受講料:6,480円(消費税込み) 当日、お持ちくださいませ。

お問い合わせやお申し込みは、ホームページの「お問い合わせ」から。

Shonan FELIX 代表 米本 喜彦

SNSでもご購読できます。