慶應湘南藤沢中等部の国語の攻略ポイントPart3

慶應湘南藤沢中等部の知識問題はいかがでしたか?
実際に解いてみてお分かりいただけたかと思いますが、なかなか手応えのある問題だったのではないでしょうか?
答えを言われると「あーそっか!」となりますけど、なかなか自分では思いつかなかったり、気づかなかったりしますよね。

もうひとつ、見てみましょう。どうぞ!(^-^)

この言葉の意味が分かりますか?

①うっくつ
②寄る辺なさ
③いたたまれなさ

いかがでしょうか?この言葉の意味がわからないと、空欄に当てはまる言葉として埋めることができないんです。
実際の文章は、こんな文章でした。

*転入直後の、まだ誰とも馴染んでいない状態での班分けの(  ア  )。

*やがて早季子は、(  イ  )を吉住に打ち明けた。左目だけでものを見たときの衝撃。そこから感じた世界の脆さ。人と分かり合えない孤独感。

*人に理解してもらえる喜びと、それさえも打ち消せない孤独の寂しさと、膨れていく吉住への気持ちが混ざり合い、感情の身動きが取れなかった。あのときの(  ウ  )を、早季子は今でもはっきり覚えていた。

上のア~ウには、上の①~③の言葉のどれが入ると思いますか?(^-^)
この答えは、次回、書きますね。

一番楽しいのは最後の記述問題

たとえば平成27年度ではこんな問題が出されました。

スポーツを二つ挙げ、その違いを三つの観点から百五十字以内で説明しなさい。

いかがですか?どうやって書きます?
対策を立てないとなかなか書けるようにはならないですね。

もちろん、これは「論理的思考力」がキチンと身についていれば、どうってことない問題です。
これは「比べる力」を使えば良いですね(^-^)

僕は野球をずっとやってきた人間なので、サッカーと比べようかなって思いました(^-^)

①時間が決められているかどうか

野球にはある程度の制限時間は決められているものの、「最後までどうなるか分からない」という点が野球の魅力でもあります。「逆転サヨナラ満塁ホームラン」なんて、その最たるものですね。「野球は筋書きのないドラマだ」とも言われる所以です。「野球はツーアウトから」ともよく言われますので、そういう意味では結果が予測しづらい点で、サッカーとは違うと思います。

 

②必要な道具が多いか少ないか

サッカーはボールひとつあれば楽しめるスポーツですが、野球はそうは行きませんよね。グローブにバット、できればキャッチャーミットにキャッチャーマスクなどが欲しいところです。僕は小学校時代と高校時代、大学時代とキャッチャーをしていましたが、高校時代は特にマスク、レガース、プロテクターなどがないと危険ですのでできません!(^_^;)

 

③走る運動量が多いか少ないか

サッカーは前半45分間、後半45分間のほとんどを走りっぱなしです。とても疲れると思います。4年に一度のワールドカップを観戦していても、「なんでもっと動けないのかなー」なんて思いますが、かなりしんどいと思いますよ?
しかも慣れない地域で戦う場合は余計、身体に響いてくると思います。
ところが野球は、味方が攻撃している間は、なんとベンチに座って休むことが可能です(笑)。サッカー選手からしたら、何て楽ちんなスポーツなんだろう!と思われているだろうなって思います。

このような三つの観点を挙げて、書けば良いのです。

最低何文字書かなければいけないの?

中学入試の記述式問題の場合、だいたい次のように考えると減点されないでしょう。

①10字以内⇒6~10字(5字はダメ)
②20字以内⇒16~20字(15字はダメ)
③30字以内⇒26~30字(25字はダメ)

なぜ、5字や15字、25字はダメなんでしょうか?
出題する中学校の先生は、(言葉は悪いのですが)バカではありません(^_^;)
もし15字や25字で収まるのならば、初めから出題者は15字以内で、とか、25字以内で、などという条件にするはずです。
あえて「30字以内で」と出しているのだから、最低26字は書きましょう。

では、それよりも多い字数の場合はどうでしょうか?

④40字以内⇒32~40字
⑤50字以内⇒40~50字
⑥100字以内⇒80~100字

もうお分かりかと思いますが、40字からは80%ルールです。最低でも8割は埋めましょう!ということです。
したがって150字以内で書きなさいというこの問題は、150×0.8=120字最低ラインということです。

いかがでしたか?
慶應湘南藤沢中等部の最後の条件作文って面白いでしょ?
次回、色々なパターンの問題をご紹介しますが、どれもこれも絶対的に必要なのが、「論理的思考力」です。

言い換える力⇒つまり、たとえば(同等関係整理力)
比べる力⇒一方、それに対して(対比関係整理力)
たどる力⇒だから、なぜなら(因果関係整理力)

の3つの力を、毎日意識して使ってみましょう。人と話すときも、ノートに文章を書くときも。
今日一日あった具体的なできごとを3つ言った後で、一言でまとめてみると、言い換える力が身についてきますよ!

Shonan FELIX 代表 米本 喜彦

どうせやるなら、人生を変える勉強をしませんか?

記事を最後までお読みくださりありがとうございます!
このブログを執筆している米本喜彦と申します。

湘南・藤沢で"Shonan FELIX"という学習塾を営んでおり、他塾との相違点は、ズバリ「論理的思考力」を身に付けることができる塾だという点です。

Shonan FELIXでは
・物事を筋道立てて考える力
・誰でも納得できる会話力
・正しく理解する分析力
・問題解決能力など
という社会に出てから本当に必要な力を身に付けるために日々授業を行っています!
我が子には、自分でお金を稼ぎ、キチンと生活してもらいたいはずです。まさに「論理的思考力」はこの自立していくための必要不可欠なツールなのです。

どんな些細なことでも構いません。
お子さまのためにどうぞ、ご相談ください。

無料相談・無料体験お申込みはこちら

SNSでもご購読できます。