成績が伸びないのには理由があります!

今日で11月も半分が終わります。2月1日の東京・神奈川の中学入試が始まるまであと77日。78日目は本番です。神奈川県の公立高校の入試まではあと91日。なのに本人たちは平気な顔して、心配で焦るのは親や塾の先生ばかりですね(^_^;)

また、現在の5年生さんは来年のコトを考えると、果たしてこのままで良いのか?と不安になりますよね。でも…成績が伸びないのにはちゃんとした理由があります。大きく分けると2つです。見て行きましょう。

1 勉強していない

いやいや…勉強しなよ!って感じですね(笑)。
やっぱりやらなければ、何ごとも身につきません。スポーツでも同じですよね?基礎基本を繰り返し繰り返し、毎日行っているはずです。勉強も同じです。なのにやっているフリをするお子さんもいらっしゃいます…。全くもって意味がないですね。結局「怒られないためだけ」に勉強しているだけで、「入試を突破するんだ!」という気持ちで勉強していません…。それではいくらなんでもムリだって話です(笑)。試験前なのにやろうとしないですよね?最近の中学生や高校生を見ていても感じます。ましてや小学生が、長い目で見て逆算し、いつから何をどのように始めるなんて考えられません。だから、一緒に計画を立ててあげる訳です。でもとても立派な計画書を作ってしまいがちなので(笑)、起きる時間と寝る時間だけは崩さないようにしましょう。問題は次です。

 

2 勉強のやり方がずれている

これはプロの目から見て、こうした方が良い、ああした方が良いと、アドバイスをすることができます。あとは素直に実行できるかどうか?にかかっています。愚直なまでに言われたコトを実行しているか?ですね。その後で、自分なりに工夫して少しずつやり方を変えても良いと思いますが、まずは自己流を排して、言われたコトを素直にやってみる。そこがスタート地点です。
ですが子どもは色々と言い訳をします(でも…大人でもいますよね)。

*疲れた(みんな疲れているけど、頑張っているよ?)
*眠い(なんで一日中、眠いのかなー?)
*明日から頑張る!(今まで頑張った試しがないよね?)
*メンドクサイ(じゃあ辞めちまえー!)

これは中学生になっても同じ言い訳を使っている気がします(笑)。いや、高校生も使っているかも…。

勉強さえ絡まなければ良い子なんですけどね~とおっしゃる親御さんも多いですよね。

そう。あなたのお子さんは良い子なんです。
勉強しないから悪い子ではありません。かけがえのない存在です。だから、少しどっしりと構えて、受験の結果の責任は私(親)が取るから安心して勉強しな!と言ってあげるぐらいでちょうど良いのかも知れませんね!

Shonan FELIX 代表 米本 喜彦

SNSでもご購読できます。