中学受験と運動会の練習は両立できる?|学校行事の悩み

この夏は台風が頻繁に襲いかかってきたり、地震が起きたり、もうどこに住んでいても油断することなく、災害への備えは(今さらながらですが)キチンとしておきましょう(自分への戒めとして書いておきます)。
さぁ新学期を迎えて、10日間が経とうとしていますね。暑くなったり涼しくなったりして天候が不順ですので、体調管理には充分すぎるほど注意しましょう!うっかり窓を開けっぱなしにして、寝ないように…。
さて、これから6年生は修学旅行があったり、運動会があったりと、学校の行事が目白押しかと思われます。その時に、中学受験勉強とどう両立させたらよいか…悩みますよね。分かります!運動会の練習なんてハンパじゃないからクタクタになるんですよね。でも宿題はやらなければならないし…で、悩んでいらっしゃいませんか?
本人ではなく、親御さんの方が(笑)。

本当に疲れがたまる時期

塾でのカリキュラムは確実に進みます。過去問も解き進めていかなければなりません。ただでさえ「やらなければならないこと」が目白押しです。なのに「運動会の練習」というものが非常にやっかい(?)で、当然、子ども達は全力を出して練習に励みます。6年生ともなれば、小学校生活最後の運動会ということで、気合も入りますね。ビデオを持ってゴール前で絶好の位置を取り合うという、パパならではのバトルもこれで最後(笑)。記録に残しておきたいですよね。ただ受験生ともなれば…悩ましいところです。特に騎馬戦だとか、組み体操だとか、なかなか大掛かりな種目に加え、応援団になったり、リレーの選手に選ばれたりするともう、そりゃ大変です。運動会の練習と一口に言っても、朝練があったり放課後の練習だったりで、本当に疲れがたまる時期なんです。

消化不良を起こさない

疲れてしまって勉強が手につかないときは、まず体力の回復をはかりましょう。寝るのが一番です。でもどのくらい寝かせればよいのか…迷いますよね。ほっとくと朝まで寝そうな気もするし(笑)。でもね…中途半端に寝かせてから勉強しても、能率悪すぎです。朝まで寝ても大丈夫です!腹を決めて寝かせましょう!消化不良だけは起こさないように、宿題の量を減らしてもらいましょう。体力的にキツいのに、そこで無理して勉強して体調でも崩したら…一週間は復活できません。それじゃ意味がないですよね。いいんです。まだ11歳、12歳なんですから。先程も触れましたように、消化不良を起こさないことが大切です。塾の担任の先生と相談して、宿題を減らしてもらいましょう。最低限これだけは!という問題だけに絞ってもらいましょう。その方が集中力が増して、逆に効果が出るかもしれません。また、過去問をすべての問題を50分時間を計って解かなくても、ぶつ切りで大問1と大問2を20分で!などとしてみるのもひとつの手ですよね。

楽しむときは楽しむ

学校行事はとことん楽しむことです。受験勉強はいったん忘れましょう。メリハリをつけられる、オンオフのスイッチを入れられる。そんな大人になって欲しいと思いませんか?遊ぶときはとことん楽しむ。そして勉強や仕事をするときは、真剣な表情で集中して取り組む。なんともカッコ良いではありませんか。そういう習慣をつけることができるチャンスととらえて、運動会の時期を楽しんで乗り越えましょう!

結局、勉強ばかりしててもダメです。また、遊びばかりでもダメ。バランスが大切なのです。
行事を楽しめるお子さんが、結局は入試でも良い結果を出すことでしょう。

Shonan FELIX 代表 米本 喜彦

SNSでもご購読できます。