「ふくしま式」国語コース
「ふくしま式」国語コース

「ふくしま式」の論理的思考能力


全ての教科の基本となる国語。「ふくしま式」とは「型、方法、技術」を意識した学習法です。
長文問題を解いているのに点数が伸びない、というお悩みはございませんか?
スキルを身につけずにいくら解いても力はつきません。
誰でも真似できる技術・型の習得に重点を置き、「論理的思考力」の習得を目指します。

算数は例題を通してやり方を教わり、わかったかどうか類題で確認、基本、練習、発展、応用、そして入試問題へとレベルアップする勉強法が一般的です。
では国語はいかがでしょうか?いきなり文章を読んで問題を解かされるパターンがほとんどではないでしょうか?バスケットボールに例えるなら国語はドリブル、パス、シュートの練習をしないままいきなりやっているようなもの、と福嶋先生はおっしゃっています。全面的に賛同いたします。センスのある人だけが伸びる勉強法しかないのが現状なのです。国語において、練習をして試合に臨む、それが「ふくしま式」なのです。
言いかえる力,くらべる力,たどる力」この3つを鍛えることで論理的思考力が身につきます。これは受験対策にとどまらず、一生使える技術=スキルなのです。
ふくしま式国語の教材
クリックでページ内の各項目にジャンプします。

ふくしま式の教材テキスト

「ふくしま式」との出会い

「ふくしま式」の教材

そんなに素晴らしい教材なら、自宅で解いていけば力がつくのではないか?と思われるかもしれませんが、ただ問題集を解くだけではなく、たくさんの類題をシャワーのように浴びせることによってスキルは定着します。
子ども達が答える解答から派生し問題を投げかけることがございます。一人で黙々と解くのではなく問題を投げかける指導者がいるからこそ授業が生き物のように変化し、その結果、子ども達が頭を使うので、力がつくのです。
この「ふくしま式」の教材が根幹となり、指導者がいるからこその枝葉がつき大樹と育つイメージですね。
もちろん、体験、見学も可能となっております。お気軽にご相談ください。
幹と枝葉のイメージです。

「ふくしま式」との出会い

子ども達に論理的思考力をつけてもらえる方法はないものか?と思い本屋に足を運んだところ、「国語が子どもをダメにする」という本を見つけ、その本に共感し、福嶋先生の書物を読むようになり、授業に取り入れました。
本を読むうちに直接お話したくなり、福嶋先生が夏にセミナーを開催されると聞いて、参加しました。
参加する回を重ねるごとに、論理的思考力を小学生にきちんと伝えることの重要性をますます感じるようになりました。

これからも「ふくしま式」の教材を通じて子ども達に論理的思考力を伝えて参ります。

小学生の勉強方法

中学受験をするしないに関わらず、一番大事な「論理的思考力」を様々な角度からアプローチしていくコースをご用意いたしました。
お子さまが、ご興味を抱いたところから取り組んで参りましょう。

下記に全コースの一覧ページをご用意いたしましたので、どうぞご覧ください。
小学生コース一覧

中学生の勉強方法

考え方が十人十色あるように、勉強方法もたくさんございます。最初に勉強に特化した性格診断テストを行い、今後の方針をオーダーメイドでサポートします。
中学生コース一覧

高校生の勉強方法

高校生になると意識しなければいけないのが「大学受験」です。受験対策用に様々なコースを用意しております。
高校生コース一覧