慶應義塾湘南藤沢中等部の国語入試対策
慶應義塾湘南藤沢中等部の国語入試対策

慶應義塾湘南藤沢中等部()の国語入試対策
なぜ国語特化なのか。

慶應義塾湘南藤沢中等部の入試において注意しなければならない点がございます。
それは国語の設問問題です。

実に面白い問題を出すのですが、これが普通の勉強をしているだけでは解くことが難しいです。中にはその独自な問題を捨てる方もいらっしゃると聞きます。
しかし、少し勉強を工夫し、考え方を見直すことで実はすごく簡単な問題なのです。そして点数の配分が高いためここを攻略することが合格への鍵になってきます。

その独特な問題の読解、理解、分析、記述する力を身につけるのが当塾の「慶應湘南藤沢中等部(SFC)国語特化コース」です。国語に強いShonan FELIXだからこそできる授業をご体験ください。
慶應義塾湘南藤沢中等部の入試対策
クリックでページ内の各項目にジャンプします。

入試問題傾向

入試対策方法

学習方法

慶應義塾湘南藤沢中等部(SFC)の入試問題の傾向

主に知識力を求められる問題、読解力を求められる問題、そして記述力を求められる問題がございます。
知識問題ではかなりの幅広い知識を求められ、読解問題では大学入試レベルの文字数(8000文字前後)わずか解答時間45分の中で読まなくてはなりません。
そして上にも述べた記述力、これがかなりユニークな出題です。

1.アイスクリームとソフトクリームの相違点と、それに類似する例を記述せよ。
2.二つの違うスポーツを上げて、3つの観点から違いを記述せよ。

いかがですか?短い解答時間の中、8000文字の読解問題の後にこんな記述問題が出てきたら、大人でも難しいです。
問題の傾向

慶應義塾湘南藤沢中等部(SFC)の入試対策

この中で問題なのは記述問題です。
なかなか普段の学校での勉強や、一般的な学習塾では対策をすることが難しいでが、ほんの少し考えると実に簡単な問題です。
当塾が得意とする「論理的思考能力」が鍵です。
この論理的思考能力を身につけることでこの問題を解くことができます。

物事を筋道立て、分析、理解することができる。
理解したことを明確に説明できる。
問題点を分析し、的確な解決策を見出せる。

簡単に言うとしっかりと考える、聞く、話すができるということです。

しかし、どんな勉強方法が有効なのでしょうか?
講義を受ける子供

SFC国語特化コースの勉強方法

例えば平成27年に実際に出題された問題を見てみましょう。

大問4
スポーツを二つ挙げ、その違いを三つの観点から百五十字以内で説明しなさい。

この問題では"型を与えて、書く練習"が重要になってきます。
例えば、「AはBだが、CはDである。」という型を与えて内容を考えてもらいます。

最初は「A君は男だが、Bさんは女である。」
のような分かりきった内容の文を書くことが多いでしょう。
しかし、練習を積み重ねていくうちに深い観点で文を作れるようになります。
普段から共通点と相違点を見つけ、意識して考えるようにすることで、このような問題も簡単に書くことができるようになります。
慶応義塾湘南藤沢中等部(SFC)入試問題の傾向

小学生の勉強方法

中学受験をするしないに関わらず、一番大事な「論理的思考力」を様々な角度からアプローチしていくコースをご用意いたしました。
お子さまが、ご興味を抱いたところから取り組んで参りましょう。

下記に全コースの一覧ページをご用意いたしましたので、どうぞご覧ください。
小学生コース一覧

中学生の勉強方法

考え方が十人十色あるように、勉強方法もたくさんございます。最初に勉強に特化した性格診断テストを行い、今後の方針をオーダーメイドでサポートします。
中学生コース一覧

高校生の勉強方法

高校生になると意識しなければいけないのが「大学受験」です。受験対策用に様々なコースを用意しております。
高校生コース一覧