Bird Eyes Project~親子参加型ワークショップ~開催

2019年11月10日(日)にバードアイズプロジェクトという親子参加型のワークショップを開催させていただきました。第1回目を2016年の11月に開催させていただいてから、今回で5回目を数えます。12:30から16:30までの4時間というワークショップですが、いつも「あっという間でした!」とのお声をちょうだいいたします。
内閣府認証 特定非営利活動法人 日本コミュニケーションスキルアカデミー主催のもと、無事に終了できました。今回12組24名の親子が参加されたので、過去4回を含めると、累計で47組94名のバードアイズプロジェクト修了生を輩出することができました!

私は学習塾を経営しておりますが、学力を上げることと同じくらい、コミュニケーション力も向上させることが大切だと考えております。今回の第5回バードアイズプロジェクトの様子をお伝えいたします!

移転したばかりの塾での開催

2019年の8月に移転したばかりの塾で、初の開催となりました。座席が限られておりますので、親子12組24名限定で募集したところ、満席となりました。当日は体調不良などによるキャンセルもなく、小学4年生から中学3年生までの12組24名が全員そろいました!「お洒落なカフェ風の内装にしたい」「塾っぽくない塾にしたい」「子ども達がここで勉強したいと思えるような空間にしたい」という想いを込めて移転した塾で開催できたことは、本当に感無量でした。

全体のオリエンテーションが終わったあと、1つの部屋には親御さんが、もう1つの部屋にはお子さまが、それぞれ別の空間に分かれて、講義を受けます。この講義で「なぜあの人はああいうことを言うんだろう?」と、今まで理解できなかった理由が分かります。このスキルは親子関係に限りません。職場の上司や部下、ママ友など、あらゆる人間関係の中でご活用いただけます。スキル=技術とはそういうものだからです。

そもそもコミュニケーションスキルって何?

そもそもコミュニケーション力が高い人ってどういう人のことを指すのか、皆さんは明確に示すことができますでしょうか?
性格が明るい人?初対面でも気軽に話せる人?誰とでも仲良く話せる人?面白い話をして、会話を盛り上げることができる人?さまざまなイメージをお持ちかと思います。どれも間違いではありませんが、ちょっと違います(笑)。

そういう話にも触れました。正しく「コミュニケーション」という言葉の意味をとらえることが大切です。そうでないと、違う方向へ進んでしまうからです。

コミュニケーション(Communication)は日常的に使用する‘ほとんど日本語として扱われる’英単語のひとつですが、その本当の意味を知ることが「コミュニケーション力」を身につけるための大きなヒントになります(『はじめてのP.C.S.』より引用)とある通りです。
image

この2つの写真がヒントになるかも知れませんね。

image

社会に出てからも堂々と!

複雑な人間関係を避けて通ることはできません。お勉強ができても、人とのコミュニケーションがしっかり取れなければ、社会に出てからの長い長い人生をどう生き抜いていくのでしょうか?イヤな上司もいるでしょう。生意気な部下が入社して来るかも知れません。特に偏差値「だけ」に価値を認める人生しか歩んで来れなかった人はプライドが高いため、なかなかこちらの伝えるようには動いてくれないかも知れません。気の合う仲間だけ付き合って行く訳にもいきません。かと言って、気の合わない人を避ける訳にもいきません。じゃあどうすれば良いのか?そういうことをお伝えするワークショップなのです。

バードアイズプロジェクトでは、担任の先生に感謝の気持ちを伝えつつ、しっかりと味方になってもらえるような言い回しを、先生のタイプ別によってお渡しいたしております。担任の先生の前で親子げんかを始めてしまうような最悪の状況だけは避けたいものですね(笑)。

中学受験塾として

もちろん、第一志望校に向けて、算数・国語・理科・社会の勉強をしてもらいます。大人になるまでの道筋を示し、そうなるためにはどういう学校に入れば良いのか、君はこういう性格だから、こっちの私立中学に入った方が良い、などと、その子に合わせた受験指導をしています。単純に偏差値で輪切りをし、「あなたのお子さんはこのぐらいの偏差値だから、受検する学校はこの偏差値あたりの学校ですね」などというような受験指導は一切しません。そもそも、偏差値に差があるのなら、その差を埋めるのが塾の役目だと思います。
そしてそういう受験勉強と同じぐらいの割合で、コミュニケーション力を上げることにも全力を注いでいます。人間関係に苦しむと、何をやっても面白くない、勉強も身に入らない、人生が楽しくないのです。傷つく前に「P.C.S.=プロフェッショナルコミュニケーションスキル」を渡したい。ムダな親子げんかをする前に知っておいて欲しい。そういう願いを込めて、毎年このバードアイズプロジェクトという親子参加型のワークショップを開催させていただいております。多感な十代を、悔いなく過ごして欲しい。二度と戻らない時代を充実させて欲しい。そんな願いを込めて、これからも中学受験塾として、コミュニケーションスキルをお渡ししていきます

正しく姿勢を保つこと

今回から正しく姿勢を保つことによって、コミュニケーションが取りやすくなったり…

image

集中力が増したり…

image

将来の自分の身体がどうなるか…についても学ぶことができました。
姿勢って本当に大事ですね!また、成績優秀者にだらしない姿勢で勉強する人はいません。凛とした姿勢で勉強しているものです。姿勢が乱れているな、と思ったときの対処法を教わりましたので、すぐに整えることができます。

image

周りで見学している親御さんも、一緒になって姿勢を整えていました。親子一緒になって取り組んでみる。大事なことですね。

まとめ

中学受験塾である以上、志望校の合格を目指して勉強します。当たり前ですね。さらに、お子さまに合わせた人生の設計を見越しての受験指導をします。そしてさらに、人間関係で悩まないようにスキルをお渡しいたします。

たとえば
*親御さまには「はじめてのP.C.S.講座」。
*10代のお子さまを持つご家庭には「バードアイズプロジェクト」。
*18歳以上の方には「プロフェッショナルコミュニケーションスキル アドバイザー資格取得講座」。
*本格的に学びたい方には「プロフェッショナルコミュニケーションスキル トレーナー資格取得講座」がございます。

一度、Shonan FELIX(ショウナン フェリックス)にお越しくださいませ。
個人面談で、悔いのない中学受験、ひいてはお子さまの人生について語り合いましょう!

Shonan FELIX 代表
米本 喜彦

SNSでもご購読できます。