急がない子

何だかんだで明日で今年が終わってしまいますね!本当に時の流れって早いものです(ネコの写真はまったく関係ないですけど)。インフルエンザが流行って、授業をお休みする生徒さんが増えました。体調には充分、注意し、もし風邪を引いたり、体調を崩してしまったりしたときは、気にせずゆっくり休みましょう!

早くしなさい

1日に何回言ったことか…(^_^;)
それでも急がないですよね?我が子だけでしょうか?笑

*時間が迫ってきても焦らない。
*遅刻するよ!って言っても焦らない。
*親やおじいちゃんがお迎えに来ているのに、待たせてはいけないと思って、急いで支度することもない。
*テストで「あと5分です」と言ってもまだ半分も進んでいないから、記号選択式の問題だけでも解いて埋めておこうとも思わない。
*記号選択式の問題だけでも早くやったら?と勧めても、「うん」と言ったきりやろうとしない。

いかがでしょうか?思い当たる節はありませんか?
なぜか急ごうとしません。それとも急ぐことができないのか?(^_^;)

*約束の時間に遅れてしまったとき
*学校や会社に遅刻してしまったとき
*人を長い時間待たせてしまったとき

どうするんだろう?
時間にルーズな人間は、信用されなくなります。

「ま、これぐらい大丈夫でしょ?」

などという甘えがもしあるのならば、小学生のうちからキチンと叩き込まなければなりません。
また、もし時間に遅れてしまった結果、どうなるのかを想像できないときは、やはりこれもキチンと教えなくてはなりません。何度も何度も教えなくてはなりません。

ある意味、お勉強ができることよりも大切なことだと思います。

そのためにはまず、親御さんからお手本を見せていかなくてはなりませんね。
もちろん、僕もそうします!

あと1日残っていますが、来年はさらに飛躍できる年にしましょう!

Shonan FELIX 代表 米本 喜彦

SNSでもご購読できます。