困った親12タイプ②

今日で夏の高校野球 甲子園大会も終わりましたね。
埼玉県の花咲徳栄(はなさきとくはる)高校が、優勝しました!
高校としても埼玉県勢としても初優勝!おめでとうございます!

さて今日は後半の6つをお届けいたします。

7 比べて叱る親

他のお子さんと比べたり、兄弟姉妹で比べたりして叱る親御さんは良くないですね…。
「どこどこのなになにちゃんは算数が百点だったのに…何であなたは六十点なの?」とか、
「お姉さんはあなたの年齢の時には、こんなことぐらいできたのに…まだできないのね」
というように、よそのお子さんや兄弟姉妹と比べて叱るような親御さんは、本当に良くないです。

そう言われて、奮起したお子さんを見たことがありません。

8 人の悪口ばかり言う親

家族が集まって夕飯を食べている時に、
「お隣の奥さんは、最近少しおかしいのよ~」
などと言ったりして、よその人の悪口ばかり言っている親御さん…。

学校のPTAであった出来事をネチネチと同じことを繰り返し、友達の親や、担任の先生の悪口を言っている親御さん…。
お子さんはそれを聞いているうちに、人の悪い面ばかりを見るようになってしまいます。
やっぱり、良くないですね(^_^;)

9 食卓で叱る親

これは昔から言われていることですが、食事の時間というのは家族全員で楽しく食べて、今日あったことや感想などを言い合って、盛り上がれる時間です。
なのにその時間を奪い、食卓でお子さんを叱る親というのは…家族全員にとって良くないですよね。
雰囲気(最近、大人でも「ふいんき」と言う人が増えていますが、「ふんいき」ですからね!)をぶち壊してしまう母親は、特に最低です。怒り狂っている母親を、父親は止めることができません。嵐がおさまるまでじっとしています(笑)。お子さんもきっと同じです。聞いちゃいません。ムダなことはやめましょう。

10 お手伝いをさせない親

家のお手伝いを何もさせない親御さんも困ったものです。

昔は「お手伝いをさせましょう」と言うと
「家には色々な便利なものがあるので、お手伝いをさせる必要がありません」
とか
「子どもにお手伝いをさせると、かえって私(母親)の仕事が増えて大変ですから、やってしまった方が楽なんです」
とか
「子どもにお手伝いをさせる時間があったら、勉強してもらいます」
などという返事が返ってきました。

「はい?」って感じです。仕事をやり遂げた達成感とか、家族の役に立っている充実感とか、感謝されて嬉しい、などという体験を奪っていることになります。こんなんで、まともな大人に育ちますか?ってことです。

11 本を読まない親

マンガや週刊誌などではなく、活字で書かれているちゃんとした(?)本を、お子さんの前で一日10分でも20分でも読む姿勢を見せていただきたいものですね。
「本を読みなさい!」っていう親自身が、全然本を読まないって…意味がわからないですよね。
「走るな!」と言っておきながら、自分は走っている…。
要するに、「言っていることと、やっていることが一致していない=説得力がない」わけです。
これじゃあ、お子さんだって素直になれないですよね。本なんか読みません(笑)。逆に「何いってんだか」と言って見透かされますよ?

12 子どもが嫌いな親

子ども自体が嫌い、という親御さんもいれば、自分の子どもが嫌い、という親御さんもいらっしゃいます。
でも、子どもというのは愛情を持って接していかないと、順調には育ちません。ましてや、自分の言うことを聞かないからって、子どもを憎んだり、嫌ったりしていますと、お子さんはしっかりと感じ取って「僕は(私は)お母さんからあまり可愛がられていないな…」と思います。
そういう想いが重なると、家出をしたり非行に走ったりします。うーん、ちょっと極端かも知れませんが(^_^;)

 

以上、前回と合わせて12のタイプの困った親を挙げました。

完璧な人間なんていません。グチりたくなる時もありますよね。でもお子さんを「教育」していかなければならない。
そんな時は「自分中心」で物事を考えたり言ったりするのではなく、「相手中心」で物事を考えたり言ったりしてみましょう。

まとめ

親御さんには「我が子を自立させ、社会に送り出す」という使命があります。
何かを考えたり、伝えたり、叱らなければならない時は、お子さんの立場に立って伝えるようにしましょう!

 

Shonan FELIX 代表 米本 喜彦

どうせやるなら、人生を変える勉強をしませんか?

記事を最後までお読みくださりありがとうございます!
このブログを執筆している米本喜彦と申します。

湘南・藤沢で"Shonan FELIX"という学習塾を営んでおり、他塾との相違点は、ズバリ「論理的思考力」と「コミュニケーションスキル」を身に付けることができる塾だという点です。

Shonan FELIXでは
・物事を筋道立てて考える力
・誰でも納得できる会話力
・正しく理解する分析力
・問題解決能力など
という社会に出てから本当に必要な力を身に付けるために日々授業を行っています!
我が子には、自分でお金を稼ぎ、キチンと生活してもらいたいはずです。まさに「論理的思考力とコミュニケーションスキル」はこの自立していくための必要不可欠なツールなのです。

どんな些細なことでも構いません。
お子さまのためにどうぞ、ご相談ください。

ご相談・無料体験お申込みはこちら

SNSでもご購読できます。