論理的思考力をつけるには

肌寒い日になりつつあります。また、運動会の時期でもありますね。しかも6年生は修学旅行などの学校行事も重なったりで、体力的にもキツい時期かと思います。疲れちゃったらしっかり休みましょうね。小学生は体力がないので疲れやすいかも知れませんが、1日で復活するものです(笑)。1日ぐらい塾を休んでも、致命傷にはなりませんので、体調をよく観察し、無理強いをさせませんよう、配慮してあげてくださいね。

論理的思考力があるかどうか

長文読解問題を解く場合、記号選択式であれば「なぜアを選んだか」がキチンと説明できるかどうか?「そんな気がした」とか「何となく」ではダメで、「本文の何行目にこう書いてあったから」などと言えなければなりません。そうすることができて、初めて「あ、この子はちゃんと考えてこの答えにたどり着いたんだな」と分かりますので、納得ができます。

一方、記述であれば「ポイントを外していないか?」「主語と述語がねじれていないか?」「問われたことにキチンと答えているか?」などを見れば、論理的思考力が備わっているかどうか、だいたいの目安がつくと思います。

ただし、これはどちらも「主観的」であると言えます。教えている者が判断するからです。「この子はしっかり考えて答えを選んでいるから、論理的思考力が備わっていますよ」ということを、ほかの人に問題と解答用紙を持ってきて、いちいち説明しなくてはなりません。これでは説明する方も疲れてしまいますね(笑)。では、どうしたら良いのでしょうか?

客観的事実を示す

誰が見ても納得できるものを見せれば良いですよね?車の免許を持っていれば、「あぁ、車を運転できる資格を持っているのね」と分かりますし、漢字検定3級を持っていれば、「あぁ、中学校卒業レベルの漢字の知識は持っているのね」と分かります。

では、論理的思考力はどうやって客観的事実を示せば、分かってもらえるのでしょうか?
これもちゃんとした「客観的事実」を示せるものがあります。

そう、文章読解・作成能力検定試験です。

漢字検定と同様に、公益財団法人 日本漢字能力検定協会が行っているものです。文章読解・作成能力検定試験(文章検)は、次の4つのポイントに的を絞っています

①「文章でのコミュニケーション力」を高める

私たちは、日常、他人が発する情報を文章で読み取り、自分の思いや考えを他人に文章で伝えるということを、ごく普通に行っています。情報化・国際化が進む現代社会においては、文章でのコミュニケーションが占める割合が高くなってきています。言い換えれば、他人の文章を正確に読み取り、自分の考えや意見を的確に文章で表現する能力が、ますます重要視されてきているという訳です。そのチカラを高めることができれば、日常生活は言うまでもなく、学業、仕事といった社会生活も、より充実したものになると思いませんか?文章でのコミュニケーション力論理的思考力、ひいては一般的な「コミュニケーション力」を高めることを目的としているのが【文章検】です。

②相手に「伝わる文章」を書く力を育む

論理の流れがはっきりしている、分かりやすい文章を書けるようになることを目的としている検定です。文章検に取り組むことで、自分の伝えたいことが相手にしっかり伝わる文章が知らず知らずのうちに書けるようになります。

③文章力向上の方法を明確に

文章力向上にはさまざまなトレーニング方法があります。論理的に思考し、文章を組み立てるために必要な約束事(ルール)を身につけることで、文章力を高めることを狙いとしています。受検に向けた学習を通して、自分の考えを説明する際の約束事(ルール)などを知り、反復学習することで、文章力を向上させることができます。将来、会社でプレゼンテーションをする際にも役立つと思います。

④「測る」「育てる」ことに重点を

詳細な採点基準を設定し、客観的に評価できる体系を整えています。また、受検後に発行する「検定結果通知」から「不足している力」や「不足している力を補うための勉強方法」などを知ることができます。それをもとに日常生活や社会生活に必要な「文章力」を効果的に伸ばし、育てることができます。

いかがでしょうか?
8月22日に文章検4級(漢検4級レベルの知識が必要)に挑戦した小学5年生たちの合格率は80%でした。100%の合格率を目指して「合格講座」を開催していたので、悔しかったです(^_^;)

 

次回は11月11日(土)に当塾で受検できます。と言っても締め切りが一週間後の10月10日(火)です。子どもから大人まで、受検できますので、ご興味のある方はホームページの「お問い合わせ」からご連絡をお願い申し上げます。当塾で働いてくれている講師たちには受検してもらおうと考えています。

大学や企業も注目し始めているこの文章検。挑戦してみてはいかがでしょうか?

Shonan FELIX 代表 米本 喜彦

どうせやるなら、人生を変える勉強をしませんか?

記事を最後までお読みくださりありがとうございます!
このブログを執筆している米本喜彦と申します。

湘南・藤沢で"Shonan FELIX"という学習塾を営んでおり、他塾との相違点は、ズバリ「論理的思考力」と「コミュニケーションスキル」を身に付けることができる塾だという点です。

Shonan FELIXでは
・物事を筋道立てて考える力
・誰でも納得できる会話力
・正しく理解する分析力
・問題解決能力など
という社会に出てから本当に必要な力を身に付けるために日々授業を行っています!
我が子には、自分でお金を稼ぎ、キチンと生活してもらいたいはずです。まさに「論理的思考力とコミュニケーションスキル」はこの自立していくための必要不可欠なツールなのです。

どんな些細なことでも構いません。
お子さまのためにどうぞ、ご相談ください。

ご相談・無料体験お申込みはこちら

SNSでもご購読できます。